ABOUT

日本、ドイツ、スイスの3カ国の設計事務所に勤務した後、福岡で主催する設計事務所が提案する、無垢の杉を使った組み立て家具です。

本格的な木家具でありながら、簡易が組み立てができるようにし、引越しや移動の多い方でも簡単に持ち運びできるものを提案しています。

日本の木材自給率の約70%が輸入材とも言われる中、今後、国産材の割合を増加させ、国産材の活用が期待されている杉のCLT材を使い、日本の森林や林業を守ることに寄与するサスティナブルな家具の製作を行なっています。

raumus

raumus (ラウムス)は、ドイツ語でRaum (空間)とMuster (デザイン)を合わせた造語で、福岡を拠点に土地、物件探しから企画、設計、家具製作、空間を作るプロセスまで空間に関わる様々なことをデザインし、自由で新しい、未来の空間のかたちを提案します。

HP : https://raumus.jp/

竹田 真志 Masashi Takeda

1982年生まれ。大阪で少年時代を過ごす。
摂南大学、東京工業大学を経て、2014年までアトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室に勤務。

その後にヨーロッパに活動の拠点を移し、ドイツのHeide & von Beckarath (Berlin)Ingenhoven Architects (Düsseldorf)、スイスのSchneider&Schneider (Aarau)に勤務。

2019年に日本へ帰国後、福岡で活動を始め、raumusを設立。